「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:チベット・カイラス巡礼( 4 )
カイラス巡礼物語 ~河~

  ネパールからラサに入り、高度順応訓練を乗り越え、やっとカイラスに向けて移動の日々が始まった。ここからはランドクルーザーに3人ずつ乗り組み、ゆったりと連なるカイラス山脈の間を延々と走り続けた(私は乗ってるだけだが・・・)。カイラスの山々はいつも優しい顔をしていた。今まで見たり訪れたりしたどこの山とも違う顔だった。

e0271940_21422814.jpg



山があって、そのふもとには河が絶えずゆったりと流れていて・・・、当たり前であるはずの景色が、こんなに新鮮に心をうっとりさせるとは・・・。ただただ気持ち良くて本当に飽きることがなかった。あるべき自然の姿が人の心を豊かにする・・・。そのまんまだけど、自然に包まれるとはこういうことなんだろう。

e0271940_21463144.jpg


e0271940_21472123.jpg


e0271940_215088.jpg


e0271940_21504293.jpg


e0271940_21545527.jpg


e0271940_2158576.jpg


e0271940_2201525.jpg


e0271940_2212840.jpg


e0271940_2225248.jpg


e0271940_2234262.jpg


e0271940_226390.jpg



河口慧海のチベット旅行記にしょっちゅう出てくる“ブラフマ・プトラ川”はカイラス山が源流で、そこからいくつも枝分かれしながらも、ガンジス川へと続くらしい。私たちも何度もブラフマ・プトラ川の側を走っていた。私にとっては壮大な気持ちのいい河だったが、河口慧海はこの大きな氷の張る河を凍死しそうになりながら渡っていた。
[PR]
by chitrankita | 2012-08-21 22:13 | チベット・カイラス巡礼
カイラス巡礼物語 ~私にとってのカイラス~
  友人のR君が先週亡くなった。2歳年上の、十代の頃からの友人だった。なぜか今日、ふっと時間が出来て、久しぶりに“ピンクフロイド”の古いアルバムが聴きたくなった。なつかしいアルバムを聴いていた時、R君がピンクフロイドのファンだったというわけでは全くなかったのだが、途中で急に涙があふれて来たので、“何だろ・・・?何かおかしいな・・・!?”と思ったら、R君の初七日だった。

 
 
  随分前、自分の進む道が中々見つけられず迷っていた頃、京都の佛教大学でしばらく学んだ時期があった。ほとんどその頃の授業内容は忘れてしまっているが、ある住職さんの講義を受講していた時、「最近は、お葬式が終わって、斎場から帰ってきて、すぐに初七日の法要をする!?2カ月に渡ってしまっては都合が悪いと言って、四十九日の法要を三十五日で切り上げる!?などと勝手に変えているが、そんな勝手なことを誰が言い始めたのか?誰がそんな都合のいいことをしても良いと許可をしたのか・・・!?」とお怒りになっていたことだけ(?)とても印象に残っている。
 今日、何となく、ちょっとわかった気がした。気持ちがあれば何だっていいのでは・・・?とも思っていたが、初七日はちゃんと初七日で、四十九日はちゃんと四十九日であるべきなのかもしれない。

 
  3カ月前に日本を出発し、チベットのカイラス山巡礼に向かった。今でも「本当にあんな所に私がいたのか!?」と幻の様に思える。
 1カ月かけて巡礼から戻ったのだが、どうも、周囲に対して気の効いた感想を述べることができず、何の説明もできないまま2カ月が過ぎようとしている。
 出発前には、何やかんやと思うところをブログに書いて旅立ったものの、帰って来たらどうも続きが書けず、どうしたものかと実は困っていた。

 
  私にとってのカイラスは・・・?
  まず、マナサロワール湖。カイラス巡礼前に訪れた聖なる湖。
 
 出発前。既にマナサロワール湖を巡礼したヨーガ仲間の話によると、「そこで禊払いをすると(頭まで漬かると・・・)ご先祖様に会える!」ということだったので、私は密かに期待していた!会いたい先祖がたくさんいたからだ!実は、日本を発つ前から、会いたい人をリストアップしていた。父に、母に・・・、そして最も会いたかったのが、第二次世界大戦でタイからビルマに渡り、終戦後、ビルマから帰国直前に亡くなった、私の母も顔を知らない祖父だった。しかし、禊払い中は彼らの顔が浮かぶ余裕もなかったのだが、その日から毎夜、夢に父や母が出て来ては、色んなメッセージを私に残して行った。それでも会いたかった祖父にはどうも会えなかった。


e0271940_16362040.jpg

 
  私達はこの時、死と隣り合わせだった。昼間は暖かくなるとは言っても、ヨーガ修行中の早朝は氷点下まで下がる気候。あまりの水の冷たさ。どこまで行っても遠浅で、中々胸まで水に漬かれない。徐々に全身が冷えて、震えて来て、おそらく唇がむらさき色になっていて、呼吸が苦しくなってきて、それに加えて水に対する恐怖感、いつ心臓発作を起こしてもおかしくないような状態だった。近くにいた仲間と一緒に“せーのっ!”で頭まで水に漬かった時、恐怖感や達成感など何とも言えない気持ちで、号泣だった。あんなに号泣したのは子供の頃母に叱られて“出て行きなさい!”と言われて雨の中を泣いて外に出て行った時以来だったような気がする。
 
  聖なる湖。カイラス山とセットで“巡礼の地”と言われているところだったのだが、私にとってはどうも“三途の川”だった。“全てを受け入れてもらえるガンジス河”ではなかった。ガンジス河は、現世を生きる人々の祈りで出来ている河だった。

e0271940_16251178.jpg
            マナサロワール湖  朝の風景


  
  無事禊払いを終えて、いよいよカイラス山に向かった。そこは・・・?なんて寂しいところなんだろう・・・。カイラス山のふもとに到着し、さあ、いよいよ待ちに待った巡礼が始まる!という時も、周囲は晴れ渡っていて、とても気持ちのいい天気だったのに・・・。


e0271940_16444484.jpg
 ようやく辿り着いたカイラス山のふもと ここから3日間かけて周りを巡礼させていただく


 “何も無いところ・・・”というのは初めからわかっていた。でも、本当に何も無いところだった。山に入ると、周囲にいくら仲間がいても、本当に孤独だった。冷たく、寂しい所に感じた。どう表現すればいいのか・・・?どうも、ここも正しく、私にとっては“三途の川”だったのだ。どうしてそんな風に感じたのか・・・?表現するのが難しいのだけれど、このような私の訳の分からない説明を聞いて、私の昔からのヨガ友が、「話を聞いてたら“無音”の感じがする・・・」と言った。


e0271940_16554276.jpg

 
  
  カイラス山巡礼中、これも正しく死と隣り合わせだった。雪の積もる、大きな岩があちこちで連なる道を馬に乗って進む。“この馬が次の一歩を踏み外せば、馬も私も崖から落ちて死んでしまう”と想像するのは非常に簡単で、気持ちをそちらに向けるのは本当に容易かった。

e0271940_1713273.jpg


しかし、そこで、“大丈夫だ!神様が見守ってくれているから・・・!”といつも自分に言い聞かせていると、まったく平気で、絶対私達は大丈夫だという確信が持てた。自分の心の働かせ方次第で、状況はどうにでも楽な方へと変化させることができる。

e0271940_17112862.jpg


 しかし、これは、自分の肉体に執着があって、まだ死ぬ時ではない・・・と思っているということだ。マナサロワール湖で禊払いをする時も、カイラス山を巡礼する時も、マントラの祈りの中でシヴァ神(カイラスはシヴァ神が住むところと言われているので)に願ったのは「どうかこの身が無事であります様に・・・」だった。現地の人が悉く口にする「もう死んでもいい!」ではなかった。

e0271940_16595342.jpg
 人間が足を踏み入れることができる一番神様に近いところ  ドルマ・ラ(ドルマ峠)

  
  マナサロワール湖で禊払いをしていた時も、カイラス山を巡礼していた時も、なんか私は“場違いなところ”に来ている気が実はしていた。ここは、いよいよ肉体から離れようとする人が来るところだったのかもしれない・・・。私には肉体の寿命がまだ残っていて、生きたいという欲望があって、まだここに来るべき時ではなかったのでは・・・?何となくそんな気がした。もし、本当に肉体を離れる時が来れば、このマナサロワール湖にしても、カイラス山にしても、もっとしっくりとくるのかもしれない・・・。どうもそんな気がした。
 でも、巡礼の間中、シヴァ神に包まれているようで、心はいつも穏やかだったのだが・・・。

 
  そこは“四十九日”の間に放浪する所だったのかもしれない・・・?さっき、R君のことを思っていた時、「肉体には寿命が来てしもたから、いよいよ手放さなあかんねん。そやけど、長年付き添ってきた心とは中々簡単には離れられへん・・・。色々整理しなあかんから四十九日ほど必要やねん・・・。そやからしばらくこの辺をさまよっときたいねん・・・。」そんな声が聞こえたような気がした。

 
  R君の死をきっかけに、“四十九日”というものに気持ちが釘付けになった今、初めてマナサロワール湖やカイラス山で心に溢れて来た、説明のできなかった思いが理解できるような気がする。もしかすると、マナサロワール湖やカイラス山に対して感じた私の感覚は、“四十九日”だったのかもしれない。肉体や心に執着があって、まだそれらの死を迎える時期ではなかった私にとっては、これらの聖地はどうも冷たいところで、まだ来てはいけない、“場違い”の様に感じてしまったが、もし、私が本当に肉体から離れる日を迎えるためにこの聖地を訪れていたならは、そこがこの上なく心休まる、言葉では言い尽くせない場所になっていたのかもしれない。


e0271940_2217391.jpg
          カイラス山が一番美しく見えるポイントで
[PR]
by chitrankita | 2012-08-18 22:17 | チベット・カイラス巡礼
カイラス巡礼物語
 
 ~恐るべし!シンギング・ボール~

 カイラス巡礼の旅から戻って、ゆっくり余韻を楽しむ間もなく、アーユルヴェーダの上級コースを8日間、早朝から夜遅くまでみっちり受講した。昨日無事コースが終了し、寝不足が続いていた分、ひたすら寝た。素晴らしい講座だった。上級まで進んで来て本当に良かった。

 なので、カイラスが頭から一気に抜けて行ってしまったようで、何から書いていいのか・・・というより、今までのヒマラヤの旅とはかなり違ったものだったので、未だに心がまとまらない。そんな中で・・・。

 カイラスから戻ってすぐ、ヨーガのクラスで、チベットで購入した“シンギング・ボール”を瞑想に使ってみた。“シンギング・ボール”とは、金属でできたお椀で、そのお椀の淵を棒でなでて回していると、気持ちの良い音がどんどん広がって行く・・・というものだが、荷物になるし、重いし、私は買う気など全然なかったのだが、“欲のないおじいちゃん”の屋台で自然な流れで買ってしまった。

 この“欲のないおじいちゃん”は、屋台の前を通りかかった時にかわいい小物が目に入ったので、近寄って見ながら「○○元にまで値段を負けてくれたらいいのになあ~」と思いつつ、「これいくら?」と尋ねたら、最初から「○○元。」と私が思っていた金額を言ってくれたので、“欲のないおじいちゃん”と命名した。逆に「そんな値段で売ったら安すぎるでっ!」と思いながら、その値段で買った。その屋台の隅にシンギング・ボールが置かれていて、気になったので目線が行くと、“欲のないおじいちゃん”がそれを取り上げて、あまりにきれいな音を出すので、私も鳴らさせてもらった。最初は音を出せなかったが、しばらく“おじい”の講義を受けているとだんだん良い音が出るようになってきた。思わず購入してしまったのだが、付けてくれた木の棒は、“おじい”専用の物らしく、長年使い古して汚い。「まさか、その汚い棒を・・・?」と言う隙間もなく、その辺にあったくちゃくちゃの新聞紙で、さっさとシンギング・ボールと汚い棒を包んで仕上げてしまった。棒の在庫はどこにもなさそうだったのでまあいいかっ。

 帰国後、ヨーガのクラスの最後に、そのシンギング・ボールの音の広がりを感じてもらったり、音の余韻を感じてもらったりと、五感の聴覚の部分に集中してもらう軽い瞑想をしてみたのだが、あるクラスでこんな事を言う生徒さんがいた。

 クラスが終わったあと、急に「ヤバい!ヤバい!」と言い始めた。何を言っているのかと思ったら、シンギング・ボールが“ヤバい”らしく、音を聞いていると昇天しそうになった!?とのこと。その生徒さんは、私には見えないものが見え、聞こえないものが聞こえる系の、よく不思議な体験をされる方で、その時の感じは、お父様が亡くなってこの世から送り出す時に味わった感覚以来のものだったらしい。良い意味でヤバいのか・・・?それとも本当にヤバいのか・・・?あまり多くを語らずに帰ってしまわれたので、ちょっと気になる!

 それにしても、カイラス巡礼物語、最初に“これ”を書くとは思わなかった。

e0271940_14571635.jpg

[PR]
by chitrankita | 2012-07-04 14:59 | チベット・カイラス巡礼
カイラス巡礼に向けて
 昨年バドリナースで「来年カイラスへ行こう!」と決めてから早1年近く経ち、いよいよ出発の日が近づいてきた。このブログを書き始めたのも、カイラスへ向けての心の準備のためだった。4年前のマナリからバドリナースを経ていよいよカイラスへ。そのすべてがつながっていることを強く感じたからだ。もちろん、ヒマラヤだけがつながっているのではなく、それ以前のことから、その過程にある日々の生活の一つ一つがすべてつながっていて、そのつながりの中で不要なものは何一つないのだが・・・。

 カイラス山は、チベット語ではカン・リンポチェと言う。古代よりインドでは聖なる山、シヴァ神が住む山とされている。シヴァ神の象徴である“シヴァ・リンガ”はカイラス山にそっくりだ。M大先輩は、「シヴァ・リンガが先か?カイラスが先か?」と仰っていた。仏教における世界観では、その中心、須弥山(しゅみせん)とされているところである。カイラス山の頂上付近は、人間がまだ足を踏み入れたことがないくらいに神聖なところで、そのふもとの辺りを私達は巡礼することができる。チベット人たちは五体投地で巡礼する。もちろん聖者といわれるヨーガ行者が代々修行をしているところでもある。

 私達をカイラス山まで連れて行って下さるK先生は、「カイラスは死にに行くところだからね。」とか、「死ぬ覚悟が出来ている変なのが行くところだからね。」と、よく仰る。私はその度に「もう!先生はまたそんな縁起でもないことを!」と心の中で思っていた。しかし、これが“波動”なのか?最近テレビを点けるとカイラスのドキュメンタリー番組をやっていることが何度かあった。巡礼のシーンも映っていた。チベット現地人にインタビューをしていたのだが、巡礼を終えた彼らは、みんながみんな、「もう死んでもいい!」と言う。そうだったのだ!K先生が仰っていた「死にに行くところだからね!」の本当の意味はこれだったのだ。

 私たちは生まれた時から死に向かって生きて行く。そして、肉体の死とともに神様の所へ帰ることができる。イコール、肉体が死ぬと神様と一つになれるということだ。しかし、ヨーガ行者は肉体が死ぬことなく神様と一つになることを目指して修行をする。このゴールが“解脱”で、自我(エゴ)を完全に放棄できた時に訪れる。自分に“自分である”という感覚が一切なくなってしまう状態である。“他と己”という区別が一切なくなってしまうのだ。

 カイラスに巡礼するということは神様に最も近いところまで行けるということで、肉体はまだ残っていて、自分という心もまだ残っていて、それでも神様の手の中に入らせてもらえるような感じがする。これこそが“棺桶に足をつっこんでいる”感じなのか・・・。生きているが、最も死んだ状態に近いという感じなのか・・・。この世とあの世の境界線にいる感じがするのだろうか・・・。などと、色々カイラス巡礼について思いを馳せている。

 これまで、ヒマラヤでは毎回予想以上に大きな素晴らしい気づきをいただいてきた。欲を出すのは良くないのだが、今回はどんな気づきをもらえるのか、実はワクワクしている。もちろん、これまでの海抜4000mを大きく超えて、今回は5500m以上も上がるので、高山病やその他諸々の心配は多々あるが、でも、それよりもベクトルを神様にいつも向けていたいと思う。あ~自我を早く放棄してしまいたい!!

 少し前に、仲の良いヨガ友のYさんとIさんと3人で話していた。Yさんはすでにカイラスに行ったことがあるので、色々と話を聞かせてもらっていた。“マナサロワール湖にまつわる話”を聞いたその時、また、「そういうことだったのか!」状態になった。カイラスに向けての準備段階からすでにこの旅が始まっていることを実感した。実際、現地に行ってみてどういうことになるのか!?これも大きな楽しみのひとつになっている。帰って来てから続きを書こうと思う。

e0271940_2223769.jpg

[PR]
by chitrankita | 2012-05-21 22:05 | チベット・カイラス巡礼
  

チトランキータのブログ               平井真理子・・・日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士 2002年よりヨーガ指導開始。 ヨーガセラピークラス、マタニティヨーガなど神戸~西宮を中心に活動中。
by chitrankita
画像一覧
カテゴリ
全体
チベット・カイラス巡礼
インド修行会
マタニティヨーガ
アーユルヴェーダ
内観➔インド修行会へ
活動歴
未分類
最新の記事
クラスに参加された方の声
at 2014-01-20 22:11
クラスを受講された方の声
at 2012-09-27 22:57
カイラス巡礼物語 ~河~
at 2012-08-21 22:13
カイラス巡礼物語 ~私にとっ..
at 2012-08-18 22:17
カイラス巡礼物語
at 2012-07-04 14:59
ブログジャンル
画像一覧