ある日のマタニティ・ヨーガ
 私達は、アーサナ(ポーズ)をしたり、呼吸法をしたり、瞑想をしたり、と日々ヨーガをしているが、ヨーガの最終目的は、大いなる存在=“ブラフマ”(=全てを創った神様のような存在。“神様”や“ブラフマ”とは人間が勝手につけた名前で、本当は“それ”としか言いようがない。)と一つになることだ。というより、“一つである”ということを知ることだ。聖典などで勉強して頭ではわかっていても、本当に“それ”を“知る”ことができるには、あと何回生まれ変わればいいのだろう・・・?

 妊婦さんはすでにお腹の中で赤ちゃんとひとつになっている。だから妊婦さんのクラスでは、「ひとつになること」について感じてもらう瞑想をよくしている。いつものように妊婦さんと一緒に瞑想している時、お腹に赤ちゃんがいない私は、「神様のような大きな存在とつながること」について考えていた。その時!ふわり・・・と浮かんだ。

 ~妊婦さんは自分の子宮の中で赤ちゃんを守っている。赤ちゃんは臍の緒で母親とつながって、酸素や栄養など生きるために必要なものをもらいながら、ただ安心してそこですくすくと育っている。それと同じように、私たちは母体である神様のような存在と見えない臍の緒でつながっていて、生きるために必要なもの(酸素であったり、熱であったり、光であったり・・・)を与えられ、守られ、安心してすくすくと成長している胎児なのだ。神様(のような存在)と私たちの関係は、母体と胎児なのだ。~

 ということだった。こんな感じで“大いなる神様のようなもの”とつながっていれば、普段感じるストレスなんて小さなものに思える。何も不安を感じることなく、安心して過ごせばいいのだ。ただ、大きな存在とつながっている臍の緒をいつも忘れなければ大丈夫なのだ。こんなことをフッと感じさせてくれるマタニティ・ヨーガはすごいと思った。

e0271940_2120316.jpg
                 家のベランダで咲いたハスの花
[PR]
by chitrankita | 2012-04-26 20:23 | マタニティヨーガ

チトランキータのブログ               平井真理子・・・日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士 2002年よりヨーガ指導開始。 ヨーガセラピークラス、マタニティヨーガなど神戸~西宮を中心に活動中。
by chitrankita
画像一覧